株式会社グリーン・メデイカル・システムズは、レーザ光医療及び医療情報システムの研究、開発、マーケテイングを目標にしている会社です。
光治療は、太古の頃から注目され、病気の治療に使われて来ましたが、科学的根拠は不明確でした。しかし、現在は、近赤外領域レーザ光が、傷の治癒を促進したり、疼痛を緩和したり、血液循環を改善したり、自然治癒力を高めることが科学的に証明されています。
薬物治療に副作用はつきものですが、レーザ光治療にはその心配は全くありません。非侵襲的にからだにやさしく治療を実現するので、21世紀の夢の治療法と言えます。
レーザ光治療普及のため、当社は日本LPL療法普及協会、メデカル21なども主宰しております。
会社案内 所在地:東京都杉並区荻窪3−25−4
資本金:1,000万円
設立:1997年4月
業務内容:低出力レーザ及び関連商品、システムの開発、販売。
國際マーケテイングのコンサルテーション
代表取締役紹介 代表取締役社長:井上 正之
出身地:東京
学歴:
1960年 3月 東京大学法学部卒業
1971−72年 米国オハイオ州立大学大学院留学、専攻:國際マーケテイング
職歴:
1960年 4月 富士電機製造株式会社入社
1975年 4月 富士電機株式会社、貿易部営業課長
1977年 9月 シーメンス株式会社、搬送機事業部マーケテイング部長
1989年 4月 富士電機株式会社、医療機器事業部医用レーザ部長
1997年 4月 現職
2003年 9月 アルメニア共和国 
Economic-Judical University より国際マーケテイング活動に対し名誉教授及び金賞受賞
趣味: テニス、ゴルフ、スキー、天体写真、アマチュア無線、シェルトランドシープドッグ飼育