● 21世紀の治療法
写真:老人性痴呆症患者のリハビリへの応用

低出力レーザ療法(Low Power Laser Therapy)は、極めて弱い(1〜100mw)赤色から近赤外領域の波長(630〜830 nm)のレーザ光を皮膚の表面から照射して、急性、慢性の疼痛や炎症を和らげ、同時に生体の自己治癒力を高めて、病気自体も治してゆく全く新しい治療法です。
低出力レーザに生体を活性化する働きがあるという事実は、高出力レーザを使った外科手術の経験から判りました。レーザメスを使うと手術中の出血が少なく、生体に与えるストレスも少ないのでガンの転移も少ないのですが、傷痕が早く治るのです。そこで、1968年、ハンガリーのメスター教授は、ごく弱いルビーレーザをラットの背中に照射して発毛が促進される事を確認し、人間の難治性潰瘍の治療に使い、成功を収めました。これが低出力レーザ療法の始まりですが、その後ヘリウムネオンレーザや半導体レーザ治療器が開発され、世界的に関心が高まって来ました。

最近、海外では低出力レーザの静脈内血液照射、磁気照射との組み合わせ、植物薬との組み合わせ療法により、アトピー性皮膚炎アルツハイマー、膠原病、エイズなどの難治性疾患の治療研究も行われており、画期的成果が期待できます。

わが国では、1987年より厚生省が製造認可を許可し、1996年より健康保険の適用も認下されておりますが、まだ限られた病院、診療所でしか低出力レーザ療法は実施されておりません。低出力レーザ療法は、幅広い疾患に安全かつ効果的に治療を実施できる極めて可能性の高い治療法ですので、21世紀にかけて急速な発展が期待されます


● どんな病気に効くのか
写真:肩凝りの治療

低出力レーザ照射の痛み治療は、1973年頃よりカナダのプログが、ヘリウムレーザをレーザ鍼として痛みのツボ治療に用いて効果を挙げることで発展しましたが、現在では、ツボだけではなく、痛みのある患部に直接照射しても治療効果が高い事が確認されており幅広い用途に使われております。代表的な疾患は次のとおりです。

リウマチ(慢性関節リウマチ)
痛風
五十肩
腰痛(急性、慢性)
むちうち症(頚椎捻挫)
捻挫
つき指
打撲
テニス肘
関節炎
腱鞘炎
ここにあげた病気は、いずれも骨や関節、筋肉に関係のある運動器系の病気ですが、低出力レーザが効果を発揮するのは、運動器系の炎症性疾患だけでなく、次のような病気の治療効果が確認されております。
床ずれ
顎関節症
ストレス性胃炎
ストレス性大腸症候群
心身症(自律神経失調症)
更年期障害(不定愁訴)
アトピー性皮膚炎
花粉症
ぜんそく
ある種の筋のけいれんやこわばり
脳血管障害などのマヒ
その他、筋、神経の機能の異常(痛み、はれ、しこり、しびれ、けいれん、マヒなど)を伴ういろいろな病気
日本レーザ医学会では、老人性痴呆症(脳血管性、アルツハイマー性)に対する効果も発表されております。

低出力レーザ治療について専門的なことをお知りになりたい方は
をご覧下さい
低出力レーザについてもっと詳しい事をお知りになりたい方は、弊社までお問い合わせください。